転職や金融にまつわるニュースや芸能人の美容形成・結婚など、
痛いニュースって何のことと言われると困ってしますのですが、
国内・海外で起きた政治・経済・社会・芸能・スポーツなど沢山のニュースを
独り善がりにふるいに掛け、皆さんに知らせたいニュースをより分けました。





欧米のヒット曲を抜け道使用:

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000053-san-soci&kz=soci

テレビCMに欧米のヒット曲を使う時に、そっくりさんに歌わせて、オリジナル使用料を払わないというのは、国際的に問題になるのではと心配します。こんなことしていては、政府が偽ブランドの取締り等で中国を批判しにくくなりますね。

--------------------------------------------------------------------------------
CMソング歌声、実はそっくりさん
11月4日8時0分配信 産経新聞


 ■欧米のオリジナル使用料あまりに高額…抜け道?

 えっ? そっくりさんが歌っているの!−。日本のテレビCMに欧米のヒット曲を使う例は珍しくないが最近、高額な楽曲の使用料などを節約するため、そっくりさんに歌わせる例が増えている。もともとは、権利所有者がテレビCMでの楽曲使用を認めないため、困り果てた制作側が編み出した苦肉の策だが、「ものまね文化に寛容ではない欧米に知れ渡ったら、権利所有者から訴えられる恐れがある」と警告する音楽業界関係者も多い。(岡田敏一)

 ハリウッド女優キャメロン・ディアスが登場した今夏のソフトバンクの携帯電話のテレビCMのバックで流れていた豪州の女性歌手オリビア・ニュートン=ジョンのヒット曲「ザナドゥ」(1980年)。

 実はこれ、歌っていたのは当人ではなく、そっくりさん。一聴しただけでは分からない見事なオリビアぶりだ。

 「楽曲などの権利を持つオリビアらがCMでの使用を拒否した」(業界筋)ため、この楽曲にこだわった制作側が編み出した苦肉の策らしい。歌っている当人がCMに登場するわけではないから声が似ていても“問題”にはならないというわけだ。

 これ以外にもサントリーのチューハイ「アワーズ」のテレビCMに使われた英の電気ポップ・デュオ、バグルスの「ラジオ・スターの悲劇」(79年)や、日産自動車の高級ミニバン「エルグランド」の「ゴールドフィンガー」(64年。映画007/ゴールドフィンガーのテーマ曲。オリジナルはシャーリー・バッシー)、森永製菓の「ウイダーinゼリー」で使われた米ロックバンド、ナックの「マイ・シャローナ」(79年)などは、いずれも“そっくりさんバージョン”だ。

 これらが増えるのには理由がある。まずオリジナルの使用料などが高額であることだ。

 国内外のヒット曲の権利を数多く所有する大手音楽出版社などによると、ビートルズやボブ・ディラン級の大物の楽曲をゴールデンタイムの全国ネットのテレビ番組のCMで使う場合、楽曲を動画に合わせる権利の使用料(シンクロ・フィー)や、原盤・著作権使用料、テレビ局などに支払う放送使用料などで総額約3千万円になることも。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。