転職や金融にまつわるニュースや芸能人の美容形成・結婚など、
痛いニュースって何のことと言われると困ってしますのですが、
国内・海外で起きた政治・経済・社会・芸能・スポーツなど沢山のニュースを
独り善がりにふるいに掛け、皆さんに知らせたいニュースをより分けました。





協栄ジム会長 不服申し立てせず:

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000011-maip-soci&kz=soci

協栄ジム会長は、さすがにビジネスマンですね。ジムのダメージを最小限にしようと努力をしていますね。

--------------------------------------------------------------------------------
協栄ジム会長 不服申し立てせず 史郎氏との契約解除も
10月17日10時11分配信 毎日新聞


 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチでの反則行為で、日本ボクシングコミッション(JBC)から1年間のボクサーライセンス停止処分を受けた亀田大毅(18)が所属する協栄ジムの金平桂一郎会長が16日、東京・後楽園ホール内で会見。「いかなる処分も甘んじて受ける」と、不服申し立てをしないことを改めて言明した。
 セコンドライセンス無期限停止処分を受けた父の史郎トレーナー(42)は、処分内容を聞いた上で15日深夜に「大毅の処分は重いのではないか」とのコメントを出した。これについて金平会長は「受け入れられないなら一緒にやれない」と話し、史郎氏との契約を解除する可能性も示唆した。

 自身もクラブ・オーナーライセンスの3カ月停止処分を受けた金平会長は、ロシア出張から同日帰国。会見で「ファン、関係者には本当に申し訳ない」と頭を下げ、同級王者の内藤大助(宮田)陣営へ謝罪に赴く意向を示した。JBCや東日本ボクシング協会からの「自宅ジムでの練習禁止」「亀田家の監督」などの要求事項を守り、亀田一家に対しては「早く公の場で謝罪しなければならない」と促した。

 亀田大がリング上でした、相手を投げ飛ばす行為については「危険でルールを大きく逸脱する。勝ちたい一心で熱くなった。未熟さゆえと思う」と指摘。史郎氏と亀田兄弟から早急に事情聴取してジム内の処分を決める意向を示した。【来住哲司】
タグ:協栄ジム
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。